新和訳「ラッセル=アインシュタイン宣言」主旨

(2021/05/03)

1955年7月9日、ロンドンで発表された「ラッセル=アインシュタイン宣言」※原文は、戦争と核兵器の廃絶をヒューマニティの立場から訴え、世界の科学者の集うパグウォッシュ会議(1995年ノーベル平和賞受賞)発足の契機にもなりました。66年を経た現在においても核兵器は無くなっておらず、人類の生存を脅かすさまざまなリスクも現れている状況下、「ラッセル=アインシュタイン宣言」は新しい役割を果たすのではないか。このような考えの下、日本パグウォッシュ会議では「ラッセル=アインシュタイン宣言」を見直し、新たな和訳を公開することといたしました。

新和訳「ラッセル=アインシュタイン宣言」(2021年5月3日公開)​ 

 

​日本パグウォッシュ会議

「ラッセル=アインシュタイン宣言」新和訳ワーキンググループ
代表:黒崎輝(福島大学教授、日本パグウォッシュ会議運営委員会委員)
井野瀬久美惠(甲南大学教授、日本パグウォッシュ会議諮問会議委員)

栗田禎子(千葉大学教授、日本パグウォッシュ会議副代表)

小沼通二(慶應義塾大学名誉教授、日本パグウォッシュ会議諮問会議委員)

高橋博子(奈良大学教授、日本パグウォッシュ会議運営委員会委員)

・新和訳「ラッセル=アインシュタイン宣言」発表記者会見(2021年4月28日)

​新和訳発表(5月3日)について記者会見を行い、日本パグウォッシュ会議会長、代表、ワーキンググループメンバーが参加しました。会見では新和訳発表に際して広渡清吾会長より以下のメッセージが読み上げられました。

ラッセル・アインシュタイン宣言新和訳の公表記者会見

日本パグウォッシュ会議会長

広渡清吾

 ラッセル・アインシュタイン宣言は、科学者運動としてのパグウオッシュ運動の出発点、あるいは現代の科学者の羅針盤でもある存在です。この宣言は、1955年、第二次世界大戦後の冷戦のピーク、第3次世界大戦が今度は核戦争として、人類と地球を破滅させる危機のなかで、科学者の社会的責任として、世界の政治家と市民に核兵器と戦争そのものを廃絶することを訴え、世界の科学者にこのアピール運動に連帯することを求めました。このたび、ラッセル・アインシュタイン宣言の新しい日本語訳を日本パグウオッシュ会議として、作成し公表することの意義は、次のところにあると考えています。

 第1に、この宣言が求めた核兵器の廃絶にむけて国際社会が大きな前進を示したことです。核兵器禁止条約は、2021年1月に批准国要件をみたして発効しました。核兵器は、非人道的兵器として国際法上、所有や使用が違法であることが確定されました。唯一の被爆国日本の平和運動、被爆者のみなさんの命をかけた訴え、そして呼応する世界各地の平和運動の連帯する力がこの到達点を生み出しました。私たちは、この人類的運動に心から感謝し、ラッセル・アインシュタイン宣言の歴史的な意義をあらためて確認し、核兵器と戦争の根本的廃絶にむけて決意を新たにし、このことを社会に広く訴えたいと思います。

 第2に、ラッセル・アインシュタイン宣言が核兵器と戦争を廃絶するために示した原理的思想は、21世紀の現代世界においてますます決定的なものになっています。それは、世界観や政治的イデオロギー、人々を利害の対立する集団に囲いこむあらゆる条件をこえて、これらを忘れて、唯一つ、人類の一員であること、自らがその一員である人類、人類社会のことを考えよという思想です。現代世界では、経済的グルーバリズムと普遍的人権思想が広がる中で、却って 国家のエゴイズム、ナーション・ファーストを標榜する国家と政治家が跋扈する様相を見せています。世界の軍事費はあいかわらず拡大しています。他方で国連を中心にSDGsの運動が世界規模で進んでいます。この地球の持続的発展を世界の市民が自ら作り出していくために、ラッセル・アインシュタイン宣言は、先見性をもった科学者の呼びかけとして大きな励ましを与えるでしょう。

 そして第3に、現代世界の民主主義において、科学と科学者の果たすべき役割に思いをいたすことです。ラッセル・アインシュタイン宣言は、科学者が科学的見地にたって独立に、政治と市民社会に対して行った科学的助言です。近代社会が普遍的に保障する学問の自由のもと、科学者と科学が政治権力・政治的イデオロギーから独立に政治と社会に対して科学的助言を行うこと、そして、行うことのできる条件を確保することは、民主主義にとって不可欠の要件です。もとより、この不可欠の要件は、民主主義によって、それを支える市民の力によって確保されるものであり、科学と民主主義は、このように相互に支えあうものとして機能します。いま、日本では、学問の自由、科学の独立を十分に認識しない政府の措置が社会的な問題となっています。ラッセル・アインシュタイン宣言は、日本の科学者と市民にそして、もちろん政治家に対して、この問題を正しく解決することを求めていると思います。

 

 最後にわたしたちは、ラッセル・アインシュタイン宣言の新しい日本語訳を日本国憲法の74回目の施行記念日を期して公表することにいたしました。いうまでもなくこの宣言の精神は、日本国憲法が表明した全世界の国民が享有すべき平和的生存権と相通じるものであり、このことを改めて確認することが大切だと考えています。

 

以上、御挨拶といたします。

vlcsnap-2021-04-29-12h51m00s950.jpg
vlcsnap-2021-04-29-12h51m38s229.jpg
vlcsnap-2021-04-29-12h56m04s969.jpg

​画像:記者会見資料(左、中)、記者会見出席メンバー(右)

 日本パグウォッシュ会議  Pugwash Japan