「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)2017年ノーベル平和賞受賞を歓迎する

 2017年のノーベル平和賞は、「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に贈られた。ICANは2007年の結成以来、核兵器禁止に目標を定め、世界の100ヶ国を超える450以上の反核運動グループを結びつけ、若い世代を中心に活動を展開してきた。本年7月の核兵器禁止条約の採択は、まさにその成果である。
 このような核廃絶運動への授賞は、二度と再び私たちのような被爆者をつくるな、と訴え続けてきた広島・長崎の被爆者の方々の声が、世界に聞き届けられた証しであり、これまで核廃絶のために力を尽くしてきたすべての人々に対するものだと言えよう。
 核兵器が使われるおそれが近年になく高まっている今こそ、核兵器の全面的禁止が望まれる。一部の国々が核保有に執着し続けている現在の危険な状況から、人類は離脱しなくてはならない。そのための努力を称えた今回の授賞を、日本パグウォッシュ会議は心より歓迎し、核と戦争のない世界の実現のため、一層の努力を惜しまぬことを誓う。

 

日本パグウォッシュ会議
2017年10月9日

 日本パグウォッシュ会議  Pugwash Japan 

©2019 日本パグウォッシュ会議 Pugwash Japan  

 E-mail : pugwash-japan-office@googlegroups.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • YouTube App Icon

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。