PUGWASH 

NAGASAKI 2015

パグウォッシュ会議の歩みと成果:対立を超えた対話と科学的議論

ラッセル・アインシュタイン宣言がきっかけとなり、東西冷戦のさなかの1957 年、カナダの小さな漁村パグウォッシュに米・ソをはじめ世界から有数の科学者 22名が集まり、核兵器の危険性、放射線の危害、科学者の社会的責任について真 剣な討議を行いました。日本からも湯川秀樹、朝永振一郎、小川岩雄の3名が参 加しました。この会議の成功から、毎年継続することが決まり、パグウォッシュ会議はグループ名ともなりました。その後、「対立を超えた対話と科学的根拠を 政策決定者に提供する」、というパグウォッシュ会議の活動は、世界の核軍縮・ 核不拡散関連の条約や合意成立に大きく貢献しました。米ソ冷戦が終結した後 も、世界の紛争や核問題は継続しており、核問題はもちろん、最先端科学技術と その脅威を巡って、今も対話と科学的議論が続けられています。

パグウォッシュ会議日本開催の意義:長崎から世界への発信

2015年のパグウォッシュ会議は、被爆70年、戦後70年の節目に被爆地長崎で開催 されるはじめてのパグウォッシュ会議となります。その意義は大きく次の4つが あげられます。

 

・世界各地から集まったさまざまな分野の科学者・専門家が被爆地長崎におい て、被爆体験に学び、市民と対話・交流するこで、

 核兵器の非人道性と脅威を 実感し、核廃絶への決意を改めて強くすることで、核廃絶への動きを加速させま す。

 

・国際情勢が不透明化・流動化し、世界の諸地域で緊張の高まりが指摘されるな かで、改めて、国際紛争をあくまでも平和的に

 解決することの重要性を確認し、 紛争解決のための対話の場を提供します。

 

・北東アジアにおける核問題、領土問題、歴史認識問題等を踏まえ、平和で友好 的な関係構築を追求すると共に、地域の非核化

 に向けた議論を行ないます。

 

・福島原発事故の教訓を踏まえ、原子力平和利用をはじめ科学技術がもたらす便 益とリスクについて、推進・反対の二項対立を超

 えた立場で、科学的・客観的観 点から議論を行います。

 

これらの議論を踏まえて、会議の最後に「長崎宣言」を採択し、世界に発信します。

●第1回会議記念写真

パグウォッシュ 2015 組織委員会 

 

鈴木 達治郎

(長崎大学核兵器廃絶研究センター長、パグウォッシュ会議評議員)

栗田 禎子(千葉大学教授、パグウォッシュ会議評議員)

調   漸(長崎大学副学長、核廃絶長崎連絡協議会会長)

高原 孝生

(明治学院大学教授、国際平和研究所所長、前パグウォッシュ会議評議員)

板垣 雄三(東京大学名誉教授、東京経済大学名誉教授)

稲垣 知宏(広島大学教授)

梅林 宏道(長崎大学 核兵器廃絶研究センター客員教授)

小沼 通二(神奈川歯科大学理事、元パグウォッシュ会議 評議員)

朝長万左男(長崎大学名誉教授)

池上 雅子(東京工業大学大学院教授)

大西  仁

(東北大学名誉教授、元パグウォッシュ会議評議員)

 

 

日本パグウォッシュ会議諮問評議会

 

吉川 弘之

(科学技術振興機構特別顧問、元国際科学会議(ICSU)会長)

片岡 勝子(広島大学名誉教授)

片峰  茂(長崎大学学長)

黒川  清

(政策研究大学院大学アカデミックフェロー、特定非営利活 動法人日本医療政策機構代表理事、日本学術会議元会長)

黒澤  満(大阪女学院大学教授、大阪大学名誉教授)

河野 洋平(元衆議院議長)

沢田 昭二(名古屋大学名誉教授)

下村  脩(2008 年ノーベル化学賞)

坂東 昌子(愛知大学名誉教授)

平松 恵一(IPPNW 日本代表)

広渡 清吾

(専修大学法学部教授、日本学術会議元会長)

藤垣 裕子(東京大学大学院教授)

益川 敏英

(名古屋大学 素粒子宇宙起源研究機構機構長、 2008 年ノーベル物理学賞)

山崎 正勝(東京工業大学名誉教授)

 日本パグウォッシュ会議  Pugwash Japan 

©2019 日本パグウォッシュ会議 Pugwash Japan  

 E-mail : pugwash-japan-office@googlegroups.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • YouTube App Icon

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。